ISMSへの取り組み

基本理念

当社及び取引先の重要な情報資産の適切な保護のため、ISO/IEC 27001:2013に準拠したマネジメントシステムであるISMSを導入・運用し、不動産経営と資産保全の業務を深めていくと同時にサービスの品質をさらに高め、以下に示す『成功者と失敗者の条件』を常に意識し、取引先満足度の向上と事業の継続的発展を図る。 また、“大切な資産を価値あるものに”をテーマに掲げ、時代の変化にいち早く対応し、既成の枠に捕らわれない新しい商品、新サービスの提案をし続け、トータルマネジメントを遂行する。

情報セキュリティ基本方針

当社は情報資産に対する対策を実施し、取引先の信用を確立することと同時にサービスの品質をより高め、継続的な事業の維持・発展を目指していきます。事業を発展させていく為には、情報セキュリティの事件・事故の防止をしなければならず、役員及び従業員が高い意識を持ち、対策に取り組む姿勢が必要であることから、ISMSを導入・運用していきます。

■ISO27001認証登録概要
・事業者・部門:株式会社青山メイン企画
・登録範囲:宅地建物取引業、マンション管理業に係る資産運用
・認証基準:ISO/IEC 27001:2013
・認証番号:IS 514155
・初回登録日:2007年5月8日
・認証登録機関:BSIグループジャパン株式会社(英国規格協会)

ISMS委員会

ISMS委員会は以下の役割を担うとともに、定期的に委員会活動を行っています。
①適切な責任及び資源配分によって当組織の情報セキュリティを促進する。
②ISMS基本方針並びに全体的な責任の見直し及び承認を行う。
③情報資産が重大な脅威にさらされていることを示す変化を監視すること。
④情報セキュリティの事件・事故の見直し及び監視をすること。
⑤情報セキュリティを強化するための主要な発議の承認を行うこと。
⑥リスクアセスメントの手順の検討を行う。
⑦情報セキュリティの維持のための組織的な運用手順の検討を行う。
⑧新しい情報システムまたはサービスに対しての情報セキュリティの管理策の妥当性の評価並びにその実施の調整を行う。
⑨当社の情報セキュリティを強化するための重要な事項の検討及び業務上の支援を行う。

ISMS推進体制図
成功者と失敗者の条件
成功する人 失敗する人
人間的成長を求め続ける 現状に甘え逃げる
自身と誇りを持つ 愚痴っぽく言い訳ばかり
常に明確な目標を指向 目標が漠然としている
他人の幸福に役に立ちたい 自分が傷つく事は回避
良い自己訓練を習慣化 気まぐれで場当たり的
失敗も成功につなげる 失敗を恐れて何もしない
今ここに100%全力投球 どんどん引き延ばす
自己投資を続ける 途中で投げ出す
何事も信じ行動する 不信感で行動できず
時間を有効に活用 時間を主体的に創らない
できる方法を考える できない理由が先に出る
可能性に挑戦し続ける 不可能だ、無理だと考える